神社を見た

以前、見知らぬ神社の横を通った。
「こんなところに神社があったんだな」と思いながら。
先日、その神社の近くまで来たので、寄ってみることにした。
思っていたよりも、大きく、しっかりしたものだった。
大きいといっても、お守りなども売っているようなものではない。
よく町中で見かける、鳥居とお賽銭箱があるくらいのものを
想像していたため、大きいと感じたのだ。
自撮り棒で何やら動画を撮っている、ユーチューバーらしき人もいた。
おじいさんが、サッと来て、お参りをしていった。
その姿は、いつもそうしているのだろうと想像がつくほど、慣れた感じだった。
私も、その後に続き、お賽銭を入れ、お参りをした。

長年使ってきたコンパクトカメラに少々不便を感じてきたので
思い切って、新しいものに買い替えた。
前のカメラは、もう7年以上、使い続けてきて、
とても愛着があるのだが、ズームが壊れていて、動く時とそうでない時があり、
何度、シャッターチャンスを逃したことか。
画像数は1000万画素、今どきのスマホにも敵わないカメラだったけど、
使い勝手がよく、撮れる写真の雰囲気が好きだった。
今度は初めてPanasonicのカメラにしてみた。
ファインダーが付いているところが気に入ったので。
おまけみたいなファインダーと言う人もいるかもしれないが、
のぞいて、シャッターを切るという行為に喜びを感じるので
あるのとないのでは、かなり違う。
まだ、色の感じや、クセがつかめていなくて、
少しばかりのストレスもあるが、いつか、それも解消するであろう。

c0012389_17574311.jpg


c0012389_17574845.jpg


c0012389_17582936.jpg


c0012389_17575370.jpg


c0012389_17575780.jpg




# by kaerubooks | 2019-02-21 18:02 | カエルスマイル | Comments(0)