今日はぶりを焼くか

なんだかんだで四月になってしまいました。

先月、漫画家の津雲むつみさんがお亡くなりになりました。

その少し前に、偶然にも、倉庫から、漫画「いってしまった夏」を

家に持ち帰ってきていたので、びっくりしました。

購入したのは、たしか十二、三年前だったような。

筑波市周辺で古本探しの旅をしていた時に見つけた記憶が。

正直、津雲さんの漫画を読んだことはほとんどないのですが、

ふと、倉庫で、「ああ、こんなの買ったなあ」と見つけて、

ちょっと読んでみるかな、と持って帰ってきたのです。

たまにこういうことってあります。

以前にも、水戸の古書市で買った本を袋に入れたまま

出さずにしまっておいたものを見つけ、

何を買ったのだっけ?と取り出した本の作者(詩人)が

翌日の新聞に、お亡くなりになられたとの記事が載っていました。

挿絵が永島慎二さんだったということだけで買ったのですが。

ただの偶然とはいえ、何か呼んでいたのでは?と

勝手に思ってしまいました。



c0012389_17283363.jpg

c0012389_17283761.jpg







[PR]
# by kaerubooks | 2017-04-12 18:01 | カエルスマイル | Comments(0)

ふるほんやカエル書房 ブログ


by カエルスマイル
プロフィールを見る
画像一覧